超おすすめ!Amazonプライムビデオ注目作品はこれだ!!

シェアする

アマゾンプライムビデオ

ついに定額動画サービスにまで参戦してきたAmazon。

先行していたHulu、NETFLIXに対抗するため他社では配信していない独自のコンテンツを引っさげての登場だ!

年会費は3600円だが月換算すれば月額325円で利用できる「Amazonプライムビデオ」。

まず定額で見ることの出来るコンテンツのボリュームを見てみると

外国映画      320本

日本映画      456本

アニメ       188本

キッズ・ファミリー 60本

ミュージック    226本

テレビドラマ    221本

ドキュメンタリー  8本

お笑い・バラエティ 29本

エロス       18本

と、月額300円弱だと考えれば申し分のない充実ぶり。

さらに、中にはAmazonが独占公開している注目作品も多く含まれているので紹介していこう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

AKB48グループのライブ映像が200本以上!!

アマゾンプライムビデオ

そう、AmazonプライムビデオではAKB48、SKE48、NMB48、HKT48のライブ映像が非常ぉぉぉに充実しているのだ。

その数200本以上!

まだブレイク前夜、前田敦子や大島優子などが在籍していた2008年頃の映像から、ごく最近のものまで選り取りみどり、必死に全部見ようとしても年が越えてしまうほどのボリュームだ。

ちなみに2014年に行われたリクエストアワーベスト200は、Blu-rayで購入すれば定価24994円。

それが300円で好きな時に何度でも視聴可能。
AKBグループのファンならば迷わず入会して間違いないだろう。

海外ドラマファン最注目作フィアー・ザ・ウォーキング・デッド

ファイアー・ザ・ウォーキング・デッド

世界中で大ヒットしているドラマ「ウォーキング・デッド」のスピンオフ作品をアマゾンプライムビデオが独占配信!

ゾンビで溢れかえった世界に生き残った人たちのスリリングなサバイバルを描いた「ウォーキング・デッド」。

その続編を待ち望んでいた方にはたまらないだろう。

このスピンオフ作品は同じ世界観の中で舞台をロサンゼルスの家族に変え、ストーリーが進んでいく。

今後、随時エピソードが追加されていくようなので海外ドラマファンは要注目だ!

Amazon製作の傑作ファミリードラマ「トランスペアレント」

トランスペアレント

HuluやNETFLIXがオリジナルのドラマを制作し大ヒットを記録しているように、これからは間違いなくネットドラマの時代だ。

そんな中、Amazonがオリジナルコンテンツとして送り出したのが「トランスペアレント」。

すなわちこのドラマは身体の性と心の性が一致しないトランスジェンダーの人たちの暮らしを描く話だ。

とは言っても、そこまで重々しい話ではなく笑いを随所に交えた作品に仕上がっている。

こちらは今年1月に行われた第72回ゴールデングローブ賞でも作品賞と男優賞を受賞。
そのクオリティは折り紙つきだ。

Amazonプライムビデオのサービス開始によって、ますます注目度が上がっていくであろう作品なので見逃せない。

全米で話題沸騰のサイバースリラー「Mr.Robot」

ミスターロボット

このドラマは若き天才ハッカーが主人公。

サイバーテクノロジーの闇をリアルに描き、アメリカのGeek(オタク)たちからも支持を集めている作品。

初回の監督を務めているのは同じくハッカーを題材にしたスウェーデン版「ドラゴン・タトゥーの女」を手がけたニールス・アルデン・オブレヴ。

詳しい作品の解説はこちらから。

ネット社会の闇をえぐるサイバーパンクスリラー「Mr.Robot」!!

映画評論家の町山智浩さんも絶賛中なので気になる方はぜひ。

オーケストラを舞台にした王道ドラマ「モーツァルト・イン・ザ・ジャングル」

モーツァルト・イン・ザ・ジャングル

こちらもAmazonのオリジナルコンテンツ。

ニューヨークのオーケストラを舞台に、神童との呼び声高い若き指揮者と、その周りで巻き起こる人間模様を描く作品。

脚本を手がけているのはフランシス・フォード・コッポラ監督の息子ロマン・コッポラ。

オーケストラの舞台裏を赤裸々に描いたコメディタッチの作品なので「のだめカンタービレ」ファンなんかにもおすすめだろうか?

300円以上の価値は十分だ!!!

アイドルファン、海外ドラマファンはもちろん、この他にも映画の良作なんかも充実しているので、まずは自分の目でラインナップを確かめてみよう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク