Amazonドラマ「フリーバッグ」30代独身女の喜怒哀楽爆発コメディ

シェアする

1998年から放送がスタートして、日本でもブームとなった海外ドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ」は、仕事もプライベートもキラキラ輝いてる30代独身女性たちの物語でした。

この「セックス・アンド・ザ・シティ」の登場人物たちと対局にいるのが、アマゾン・プライム・ビデオで公開されているドラマ「フリーバッグ」の主人公。

YouTube|Fleabag trailer

共通するのは世代と性別だけで、仕事もプライベートもキラキラ感は皆無。
口も性格も悪く、女性が憧れる要素はゼロ。

そう、この「フリーバッグ」は、徹底してダメな30代独身女性を描いたコメディドラマ。

「えっ!?30代の女の人って、こんなこと考えてるの?」

と、大人の男性が顔を赤らめてしまうほど、ド直球な下ネタが乱れ飛ぶ、おすすめの低俗ドラマです!!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドラマ「フリーバッグ」あらすじ

YouTube|Fleabag trailer

主人公のフリーバッグは、ロンドンで暮らす独身女性。

友達とカフェの経営を始めたけど、全く客が入らずに赤字続き。

彼氏とも長続きせず、家族仲もよくない。

人生は限りなくドン底だけど、虚勢を張って強気のフリーバッグは幸せになれるのか!?

「フリーバッグ」ここが見どころ!!

アマゾンオリジナルドラマとして配信されている「フリーバッグ」は、イギリスのテレビ局BBC3とAmazonが共同制作した作品。

いかにもイギリスらしい強めの皮肉とギャグが満載の脚本を手掛けたのは、主人公フリーバッグ役も演じているフィービー・ウォーラー・ブリッジ。

テレビや舞台で女優、脚本家、演出家として活躍するフィービーはイギリスで注目の若手クリエイター。

このドラマの大きな特徴は、ドラマの中で主人公のフリーバッグかカメラに向かって視聴者へ本音を語る演出。

YouTube|Fleabag trailer

映画「デッドプール」でスクリーンを見てる観客にデップーが語りかけていたのと同様のメタ構造になっていて、フリーバッグが彼氏や身内に対する本音と建前をどう使い分けているかが明確になり、それが辛辣なギャグになっている。

また、劇中にはクセの強いキャラクターが続々と登場。

スタイルが良くて高給取りだけど嫌味な姉、娘に全く関心を持たない父親、アーティスト気取りが鼻につく父の再婚相手、電源だけ使って何も注文しないカフェの客など、まるでフリーバッグが色んな相手とコントを演じているようにも見える。

1話30分の全6話配信なので、ドラマとの相性さえ良ければ一晩でイッキ見することも可能。

とは言え、笑いのベクトルが過激なだけに、見る人によって評価はハッキリと分かれると思います。

生ぬるいコメディドラマに飽き飽きしていてるお笑いジャンキーな人には、激しくおすすめしたい作品です。

予告動画

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク