【NETFLIX】男泣きの傑作「ルーク・ケイジ」の見所とトリビア

シェアする

ルークケイジ

930日にNetflixで公開された「ルーク・ケイジ」は、「ジェシカ・ジョーンズ」「デアデビル」に続く、マーベル・コミックとのコラボドラマ。

「とりあえず1話だけ…」のつもりで見始めたのだが、気づけば丸一日かけて1シーズンを全て視聴してしまった…

ルークケイジ

それほど、この「ルーク・ケイジ」はドラマとして完成度が高い!

しかし、いわゆる「ヒーローもの」として見始めると、肩透かしを喰らう方も多いはず。

なぜなら、これまでに映画やドラマで公開されたアメコミ原作の作品と見比べると、この「ルーク・ケイジ」はかなり地味。

ド派手なVFXやヒーローと悪役との人間離れしたバトルシーンなどはほとんどない。

しかし、派手さを捨てたからこそ生まれた魅力が、この「ルーク・ケイジ」を中毒性抜群の傑作ドラマに仕立て上げていた!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ルーク・ケイジを楽しむべきポイント

主人公のルーク・ケイジは、黒人街のハーレムでバイトを掛け持ちするガタイの良い大男。

彼は、あるアクシデントから超人的な力を身につけるのだが、それが「弾丸を跳ね返す鋼鉄の皮膚」と「怪力」だ。

そんなルークが、ハーレムで悪さをするギャングと対立し、善良な市民の生活を守っていくのが、このドラマの基本的なストーリー。

では、このドラマの魅力は何なのか?

望まずに超人となってしまった男の葛藤

ルークケイジ

ルーク・ケイジは悲劇のヒーローだ。

彼が望んでいるのは、普通の日常であり、隣人と他愛もない会話をしながら過ごす時間に喜びを感じる気のいい男。

しかし、望まずに超人的な力を身につけてしまったため、トラブルの方からルークに近づき、彼の大切な人たちも巻き込まれてしまう。

このドラマは「悪役を倒してめでたしめでたい」と言ったわかりやすいものでは胃。

終わりの見えない戦いの中で、自分を見失いそうになったり、全てから逃げ出してしまいそうになるルークの葛藤が丁寧に描かれている。

ここが「ルーク・ケイジ」の魅力であり、お気楽な娯楽作品とは対極にある、渋い男泣きエンターテイメントに仕上がっている。

脇を固めるキャラたちのバックボーン

ルークケイジ

「ルーク・ケイジ」は、主役のルーク以外のキャラクターに関しても丁寧にバックボーンが描かれた群像劇だ。

「なぜ、この男はギャングにならなければならなかったのか?」「女性政治家が権力に固執する理由は何なのか?」など、ストーリーが進むにつれ、登場人物の過去や因果関係などが明らかにされていく。

ここが、「ルーク・ケイジ」を一気に見てしまった中毒ポイントで、視聴者は、あっという間にドラマへ引きづり込まれてしまう。

そのため、出来ることなら、好きなだけ作品の世界に浸れる連休中に見始めるのをお勧めする。

最高のタイミングで流れるブラックミュージック

ルークケイジ

黒人街のハーレムを舞台にした「ルーク・ケイジ」は、全編にわたってブラックミュージックが流れ、ドラマを盛り上げている。

ギャングとの抗争シーンでは攻撃的なヒップホップ、愛する女性とのラブシーンではしっとりとしたジャズ、さらに、作中ではギャングのボスがクラブをアジトにしているため、ファンクバンドのライブシーンも頻繁に登場する。

個人的には、お酒を飲みながらのホロ酔い視聴をお勧めしたい。

絶妙なタイミングで最高の音楽が鳴り出した時の高揚感はたまらなかった!

ルーク・ケイジに関するトリビア

誕生の背景に70年代ブラックプロイテーションブーム

70年代初頭。

映画やテレビの中で、ポップカルチャーが白人中心から多民族的に変わりつつあるのを、マーベルの経営陣は感じ取った。

この頃、それまで主役になることのなかった黒人にスポットを当てた「ブラックプロイテーション」作品が増え始めたのだ。

都市部で生活する黒人たちを描いたドラマが脚光を浴びていたので、マーベルはそのブームに乗る形で、新たに黒人のヒーローを誕生させようと考えた。

そこから発想を広げて、マーベル初の黒人ヒーロー「ルーク・ケイジ」は、1972年に世に出たのだった

ニコラス・ケイジ誕生のきっかけにも

ニコラス・ケイジは世界でも指折りのアメコミコレクターで、シャレにならないような値段の付いた激レアコミックを多数所持している。

そんなニコラス・ケイジの本名はニコラス・コッポラ。

映画監督のフランシス・フォード・コッポラと血縁にあるのは有名な話だ。

彼は俳優としてデビューする際、コッポラ監督の威光に頼りたくなかったため、改名を考えた。

その時につけたケイジは、彼が大好きだったコミック「ルーク・ケイジ」からとった。

タランティーノは90年代に映画化を熱望していた

タランティーノは、原作のある作品を手がける監督ではない。

しかし、90年代には子供の頃から大好きだったコミック「ルーク・ケイジ」を監督してスクリーンにデカデカと写したいと熱望した。

1992年にレザボアドックスを監督して評価を得た後に、タランティーノは長年温めていたルーク・ケイジの映画化に関するアイデアをマーベルに持ち込もうと考え、アポイントを取る直前まで話は進んでいた。

しかし「やはり自分は何かの枠の中で作るよりも、自分で一からキャラクターを作るべきだ」と思い直し、マーベルへの持ち込みは断念。

そして、1994年にパルプ・フィクションを監督することになった。 

絶対に見て損はない傑作!

以上が「ルーク・ケイジ」をシーズン通して見た感想だが、人によっては、他にも新しい発見や違った見所が見つかるはず。

過去に「ブレイキングバッド」や「ワイヤー」などにハマった人は、違和感なくドラマの世界に入っていけるだろう。

とにかく、この「ルーク・ケイジ」が見て損はない傑作ドラマなのは間違いない!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク