Huluマニアが選ぶNETFLIXの期待作BEST5!!!(海外ドラマ編)

シェアする

20150902001739

およそ2年前に定額動画配信サービスのHuluへ加入して以来、空いた時間は全てパソコン前でのHuluウォッチングへブチ込んできた私。

わざわざDVDをレンタルしに行く必要が無いため、それまで手が出しにくかったシリーズ物の海外ドラマにドハマりし、次々と大作を制覇して参きた。

が、いくら豊富なラインナップを誇るHuluと言えども「そんなに見られちゃお手上げだよ!」と言われんばかりに執着していた私には、めぼしい作品がほぼ枯渇。

そんなタイミングで、定額動画配信サービス最大手NETFLIXが日本でサービススタート!

Huluでは配信されていなかったアメリカでの話題作、人気作が目白押し。

なので、本腰を入れてNETFLIXの世界へ逃避行する前に、これから観るのが楽しみなNETFLIXの海外ドラマBEST5を発表だ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第5位 デアデビル

デアデビル

「アイアンマン」「スパイダーマン」「X-メン」「アベンジャーズ」など、数々の作品を手がけたアメコミ界のゴッド、スタン・リーが原作を手がけた「デアデビル」を実写ドラマ化。

幼い頃に視力と引き換えに人間離れした身体能力、音の反響で周囲を把握するレーダーセンスを身につけた主人公。

成長して昼間は盲目の弁護士として、夜は真紅のコスチュームに身を包んだデアデビルとして悪と戦っていく。

デアデビルは2003年にベン・アフレック主演で劇場公開されているのだが「なんだかスケール感がしょぼいな」という印象しか残っていない程度の作品だった。

ただ今回のドラマ化は予告映像でもかなりの迫力。

そして、この作品の特筆すべき点は「X-メン」などの超自然的なスーパーパワーで敵と戦っていく系統ではなく、肉弾戦で戦っていくリアリティ路線の作品であること。

さらに原作では人種問題や貧困などにも焦点を当てていたため、2015年のアメリカ社会をどのように描いているのかという点も気になる所。

予告映像の感じ、製作陣はバットマン「ダークナイト」のテイストを狙ったのでは…とも見て取れるので、アクションバトル物がお好きな方は楽しめるのではないだろうか。

■実際に「デアデビル」本編を視聴した感想がこちら

「デアデビル」はアメリカ国家を否定する社会派作品だった!

最初に言っておくと、この「デアデビル」は大人から子供まで楽しめる、お気楽なヒーロー作品ではない。 「悪は許さない!正義は勝つ!」といったお決まりの勧善懲悪ストーリーを期待して見始めると、ポカーンとしてしまうだろう。 映像は一貫して薄暗く、巨大なモンスターが出てくる事もなければ、主人公がド派手なビームを出すこともない。 …

第4位 オレンジ・イズ・ザ・ニュー・ブラック

オレンジ・イズ・ザ・ニュー・ブラック

ドラマの舞台はアメリカの女性刑務所。

そこへ過去に恋人に頼まれ麻薬絡みの大金を国外へ持ちだしたことがバレて、ブチ込まれてしまったアラサー女性が主人公の物語。

それまで生まれ育ってきた環境とは全く異なる塀の中で格差問題や人種差別、虐待、ドラッグなどの問題を突きつけられていく。

それだけ聞くとシリアスな社会はドラマかと思いきや、予告編を見るとかなりコメディ要素も強い作品のようだ。

日本のドラマでは、なかなか人種、宗教、同性愛、ドラッグなどをギャグとして描かれることがないのだが、やはりセンスの良いブラック・ジョークは見ていて痛快。

2013年にはエミー賞も受賞した人気作でNETFLIXではシーズン3までが公開。

一度見始めたら、長い戦いになりそうだ。

■実際に「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」本編を視聴した感想がこちら

これが実話!?生々しさが癖になるオレンジ・イズ・ニュー・ブラック

ごく普通の一般市民がある日突然、絶望の底へ落とされる。 映画やドラマの中では古くから使われてきたテーマだ。 なんとか再び這い上がろうと困難に立ち向かいながら孤軍奮闘する主人公の姿に、視聴者は感動を覚える。 …

第3位 ナルコス

ナルコス

コロンビアの麻薬組織を舞台にしたノンフィクション作品。

日本で犯罪実録物と言うと深作欣二監督の名作「仁義無き戦い」シリーズを思い浮かべる方も多いと思われる。

ただ、この「ナルコス」はスケールが半端ではない。

主人公で麻薬密売組織メデジン・カルテルのドン”パブロ・エスコバル”は、世界中にコカインを売捌き大富豪となった人物。

その莫大な資産で私設の軍隊を作りコロンビア政府と真向からやりあったり、自宅に飛行場や動物園まで作る、まるでウソのようなホントのぶっ飛んだ人生を送った男なのだ。

数年前にこのパブロ・エスコバルの存在を知り、その伝記本がコロンビアでは国民のバイブルとなるほどの英雄だと聞いて驚いたものだ。

日本語版の本が出版されいなかったので、その詳細がずっと気になってはいたのだが、まさかドラマで見れるとは思わなかった。

「世界仰天ニュース」とか「アンビリバボー」なんかがお好きな人も、いかがだろうか?

■実際に「ナルコス」本編を視聴した感想がこちら

世界一の麻薬王を描いた「ナルコス」を激しくお勧めする理由

NETFLIXで公開されている海外ドラマ「Narcos(ナルコス)」を見た私は衝撃を受けた。 これは今までテレビで見てきたドラマとは全くの別物であり、ネットを中心としたドラマ新時代の新たな価値観を提示した野心作だ。 具体的なポイントは3つ これはNETFLIXが自ら製作しているから可能なのであり、現在の日本のテレビ局ではまず実現不可能だろう。 …

第2位 アンブレイカブル・キミー・シュミット

アンブレイカブル・キミー・シュミット

この作品は物語の導入部分が秀逸だ。

主人公は29才の女性キミー。
彼女はカルト宗教団体によって「世界は滅亡した」と信じこまされ、15年間地下室に監禁されていた。

ようやく、そこから抜けだした浦島太郎状態のキミー、大都会ニューヨークで失われた自分の人生を取り戻そうとする。

という、これだけの説明でも面白そうな香りのするコメディ作品。

その他に選んだ作品に比べ、まだ情報があまりないので、より一層期待値は上がっているが、そのハードルを飛び越えてくれることに期待したい。

■実際に「アンブレイカブル・キミー・シュミット」本編を視聴した感想がこちら

僅か20分の超ドタバタコメディ!「キミー・シュミット」が面白すぎる!

 幸せそうにクリスマスを祝う4人の女性。 だが次の瞬間、そこに特殊部隊が突入! 幸せからカオスへ急転直下! NETFLIXで配信されているドラマ「アンブレイカブル・キミー・シュミット」は、まさに「ジェットコースター的な」という枕詞がしっくりくる超ドタバタコメディストーリーだ。 主人公は15年もの間、カルト教団によって地下シェルターに閉じ込められていた29才のキミー・シュミット。 …

第1位 ベター・コール・ソウル

ベター・コール・ソウル

そして、最も見たかったのがこの作品。

ご存じない方にとっては「なんなんだ、このおじさんは?」とお思いになるだろうが、この方こそ、あの大ヒットドラマ「ブレイキング・バッド」に登場した、とことん金に汚い最低弁護士ソウル・グッドマン。

悪党ばかりが登場したブレイキング・バッドの中でも、コミカルで苛立たしいキャラクターが異彩を放っていたソウル・グッドマンが、この作品の主人公。

スピンオフ作品としてブレイキング・バッドの6年前、彼がまだ貧乏弁護士だったころが描かれていく。

善良な高校の化学教師が徐々にぶっ壊れていく様を、ブラックに描いたブレイキング・バッドにドハマりしていた私は、このスピンオフ作品を首を長くして待っていたのだった。

既に来年にはシーズン2の公開が決定しているようなので、末永く楽しませてくれる長寿シリーズになってくれることにも期待したいところ。

■実際に「ベター・コール・ソウル」本編を視聴した感想がこちら

「ベター・コール・ソウル」はアメリカ版「男はつらいよ」だ!

「男はつらいよ」に通じる「男泣き要素」が満載だ! …

まとめ

今回上げた5作品は、全てNETFLIXが製作したもので、日本での動画公開はほぼ初となっている。

コレ意外にも、NETFLIXには気になる動画が大量にラインナップされている上、私が楽しみにしているハウス・オブ・カードのシーズン3もそのうち公開されるはずなので、海外ドラマファンは月額650円払っても損はないはずだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク