【Netflix】「Real Detective」1話完結ノンフィクション刑事ドラマおすすめの理由

シェアする

Real Detective (Trailer)

ネットフリックスで配信されているドラマ「リアル・ディテクティブ」は過去に発生した凶悪事件を映像化したノンフィクション刑事ドラマ。

「世界仰天ニュース」や「奇跡体験!アンビリバボー」で取り上げられるような犯罪の再現ドラマを、お金と時間をかけて100倍作り込んだ作品です。

映像の中には実際に犯罪の捜査を行っていた警官が出演し、当時の捜査状況や心境を証言。

そのインタビューと、捜査当時の様子を再現したVTRのカットバックでストーリーは進んでいきます。

実際の事件を題材にしているので、ハリウッド映画のような派手さはありません。

が、街中に息を潜める凶悪犯たちの静かな狂気に気付かされる興味深いサスペンスドラマです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

善良な女性教師の命を奪った凶悪犯はどこに?

私たちが生きる世界とは別に、悪人たちの世界がある

この言葉は「リアル・ディテクティブ」第1話で元警察官のマイク・シエシンスキーがインタビューに対して答えたもの。

普通の世界とは異なるルール、価値観で生きる悪人たちと対峙して事件を解決してきたワシントン州シアトルのマイク・シエシンスキー元刑事が90年代に発生した殺人事件を回想していく。

事件のあらすじ

ある夜、森の中で身元不明の女性の遺体が発見される。
地元の人達からジャングルと呼ばれる森には、多くのホームレスや家出人が野宿し、ケンカや発砲も珍しくない治安の悪いスポット。

指紋から被害者の女性は、黒人女性教師のデニース・ハリスと判明。
死因は絞殺。遺体の腕は靴紐で拘束され、性的暴行を受けていた。

被害者デニースの聞き込みをすると、彼女は人格者で恨みを買うように人物ではない。

デニースのような女性が、なぜ深夜のジャングルにいたのか?マイクは相棒と捜査を進めていく。

有力な容疑者や証拠がなく捜査が行き詰まっていた時、まだ公開していない情報を知る人物が現れる。
その人物は刑務所に服役しているドウェイン・リー・ハリス。

情報提供する代わりに釈放を求めるドウェインは何を知っているのか…?

極上の一話完結サスペンス

ドラマは1話完結。1本40分の中で起承転結がきっちり描かれているので、中だるみする間もなく視聴できます。
あまり時間はないけどネットフリックスでサスペンス作品を見たい時なんかにはピッタリではないでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク